任意の整理を相談【金融業者と交渉してくれ借金を減額】

借金の返済を楽にしたい

ジャッジガベル

リスクはあるの

借金の返済を少しでも楽にしたいと考えている人に最適な方法の一つが任意整理です。任意整理を法律家に依頼をすると、債権者には受任通知が送られて、これを受け取ると債権者は催促の電話などができなくなります。そのため、取り立てからの精神的負担を減らすというメリットがあります。任意整理では利息が免除されることで借金の返済負担を軽減させて、完済までの期間も短くなるというのもメリットです。このように任意整理をすることで債務者は大きなメリットを得ることができます。しかし、この任意整理をすることのデメリットも良く知っておく必要があります。任意整理をすることでの大きなデメリットが、任意整理後約5年間は借金ができないということです。任意整理は債務整理の一つで、個人信用情報機関では金融事故として扱われます。この債務整理の場合、この金融事故情報が約5年程度記録されるので、この間は基本的にどこの金融機関からも借入をすることができません。ただ約5年経過して個人信用情報機関から金融事故情報が消去されると、また他の金融機関からの借入も可能となるので今の借入で返済に困っている人には大きな助けとなります。一時的に他の金融機関からの借入はできなくなりますが、取り立てで精神的に負担が大きい、少しでも借金の返済を楽にしたい人には大きなメリットを感じるのではないでしょうか。多少のリスクはありますが、すぐにでも借金の返済を楽にしたい人は、まずは専門家に相談することをおすすめします。

Copyright© 2018 任意の整理を相談【金融業者と交渉してくれ借金を減額】 All Rights Reserved.