任意の整理を相談【金融業者と交渉してくれ借金を減額】

利用条件に借入理由は不要

相談

自己破産と異なり、任意整理は借金を作ってしまった原因にギャンブルや浪費など借入れ理由が問われず利用できます。また、任意整理をする際に家族や会社に内緒で手続きができます。郵送物も局留めにしたり事務所に直接取りに行くこともできます。

詳しく見る

自分でもできるの

天秤

借金の返済に困った時の解決方法として任意整理があります。任意整理なら自己破産のように財産を取られることもなく返済を楽にすることが可能です。この時には専門家に依頼をすると、催促の電話もなくなり、金融機関との話し合いも上手く進みます。

詳しく見る

借金の返済を楽にしたい

ジャッジガベル

任意整理をすると、金融機関からの催促を止めることができる、利息を免除されるなどのメリットがあります。しかし、この任意整理をすると、約5年間は借金ができないなどのデメリットもあります。ただ、借金返済に困っている人にはリスク以上のメリットを感じる債務整理方法です。

詳しく見る

借金苦を解消したい

相談

債務整理の方法には4つあり、それぞれで特徴があります。専門家に依頼をするだけで済む方法もありますし、裁判所を通じて解決する方法もあります。この4つの方法の中で最もお手軽と考えられるのが任意整理です。ただ、状況によってはこの任意整理でも問題が解決できないこともあるので早めに専門家に相談しましょう。

詳しく見る

無料で相談ができる仕組み

バッジ

任意整理を弁護士に依頼する際に、初回相談が無料なところを選びます。無料相談は、本当に無料で相談ができ費用が発生しないですが、正式に受任してから費用が発生します。無料相談で説明が分かりやすいか、費用はどのくらいかかるかなどを判断して弁護士を選びます。

詳しく見る

利息地獄から解放

法律書

3つのメリットとは

借金を延滞していると、1日単位で利息が増えていきます。そのままほったらかしにしておくと、毎日のように督促の電話が鳴りやまなくなります。それだけでなく、場合によってはこれまで分割で支払えていたものが突然一括請求になることもあるのです。何日間延滞したら一括請求されるという規定はないのですが、各債権者が債務者のごとに個別の判断をして一括請求するかどうかを決めます。当然債権者も分かっているのですが、一括請求をしたところで一括で返済をしてくれるなど、ほとんどないです。こうなった場合、毎月3万円ずつ支払っていたから今回も3万円でいいだろと返済したところで、利息や遅延損害金が積み重なっていますから、まず利息の返済に充当されてしまいます。つまりまったく残高が減らない状態なので、返済しても返済しても利息の返済だけとなってしまいます。これでは、まったく借金が減らない状態になってしまいます。そこで任意整理です。任意整理は主に3つのメリットがあります。これまで借金を延滞していましたから弁護士に依頼をすることで業者からの取り立てがストップします。弁護士が金融業者と交渉してくれ借金を減額し3年から5年以内に完済を可能にしてくれます。そして、任意整理の対象を選ぶことができるので、会社から借金している、友人からも借金している場合に対象から外すことで迷惑をかけずに手続きできます。任意整理は、弁護士が1件1件対応してくれるので、個人で行うよりも効率的です。

Copyright© 2018 任意の整理を相談【金融業者と交渉してくれ借金を減額】 All Rights Reserved.